電話占いでの新しい縁作りと復縁

“占いとは昔から根深く、人々の暮らしの中にあるもので、日本では5世紀から7世紀にかけて中国から様々な占いが伝えられたと言われています。江戸時代中ごろになってからは、有名な占い師なども現れ「当たるも八卦、当たらぬも八卦」ということわざ生まれたとされています。ことわざの意味は、占いは当たることもあれば、当たらないこともあるという意味ですが、占いとは必ず当たるものではないですが、人の人生の後押ししてくれる大切な方法だと思います。
占いの方法として、生年月日などで性質・傾向・人生を占う命、タロットや水晶など偶然性や気運を用いて占う卜、目に見える手相や人相で占う相という大きく三つに分かれた方法があります。占い師はこの三つの方法を用いて、人々のことを占っているのです。
近年では電話占いやメール占いにより、こういった占いをより身近に感じられることがあります。占う内容は人それぞれですが、多くが人間関係の復縁や縁作りのことだと思います。密かに、誰にも言えずに想い続けている人への復縁の相談や縁を作る方法などを電話占いやメール占いなどで気軽に占うことが出来ます。そうして、自分でも気付かなかったことや、新しい選択を見つけだすことができ、復縁のきっかけになったり、新しい縁への近道に繋がったり出来ます。昔から私たちの人生を支えてくれた占いが、電話占いやメール占いの普及により、より一層私たちの生活の味方になってくれるのです。”

☆.。.:*・私を幸せへ導いた電話占い.+*:゚+。.☆

“これは今から5年程前の話です。当時私には付き合っていた彼がいました。彼は高校からの同級生で、大学生活を終えるまでは順調そのものでしたが、すれ違いが生じたのはお互い社会人一年目の秋でした。私は医療事務として、彼は保険関係の営業職として働いていました。始めの頃はお互い仕事を覚えるのに必死でしたが、少しの時間でも会ったり励まし合っていましたが、お互い仕事に慣れた頃からすれ違いが生じてきました。私がレセプトで帰りが遅かったり、私は日曜日は休みなのですが、彼が休日出勤が入ったり、次第に電話やメールの回数も減っていきました。
決定的な喧嘩をしたのが私の誕生日でした。たまたまお互い休みが合い、久々デートの約束をしていましたが、しかし、前日の夜に休日出勤になったとまさかのドタキャン。私は悲しくてとっさに『もういい、別れる。』とメールをしてしまいました。さみしく誕生日を迎え昼頃、彼から電話がありましたが、とりませんでした。その後『仕事を早く終わらせたから会えない?』とのメールに一言『無理』と返事しました。夜になりさすがに悪かったと思い連絡をしましたが、連絡つかず、何日か過ぎました。彼から『別れよう』とのメールがあり何度メールしても、連絡がとれない状態になりました。
その後、一週間位、私は泣いて過ごしました。そんな時にネットで『復縁できる電話占い』との文字が目にとまりました。普段なら全く気にしないんでしょうがその時私は藁にもすがる思いで電話をしました。電話占いには女性がでるのかと思ったら以外にもおじいちゃんみたいな声の男性でした。復縁について聞いたところ、アドバイスとしては、今は連絡すべきではない、一年後の自分の誕生日にまだ好きでいたら思い出の場所へ行きなさいと。半信半疑でしたが、この電話をしなければ、間違いなく連絡し続けていたと思います。
ドラマのような話ですが、一年後の誕生日に私は彼との思い出の海に行きました。彼の姿はもちろんありませんでしたが、2時間後何と彼が来たのです。いさぎよく別れたつもりだったけど、まだ好きで、でも男として戻ろうとも言えずここに来ていたと。その人は今の旦那さんです。
『復縁できる電話占い』なんて嘘だろうと思いましたが、今の私の幸せは電話占いのお陰です。”